« 「プロバイダー総合実力」ランキング | トップページ | カナリアタンポポ »

2003.12.22

自転車こぐとタイヤに空気

開発したのは、従業員32人の自転車部品専業メーカー、中野鉄工所(大阪府美原町、中野隆次社長)。新技術の「エアーハブ」は、車輪の回転エネルギーを、車輪の中心にある「ハブ」の内部で、空気ポンプのピストンの往復運動に転換。圧縮空気を小さな専用ホースでチューブに送り、不要な空気は特殊な空気孔で抜いて、標準的な空気圧に保つ。

(asahi.com)

最近 後輪が連続してパンクしたので,タイヤを交換したが,これなら自転車屋さんまで乗っていけるかもと思いましたが,逆に穴が大きくなるまで,パンクに気がつかない可能性の方が高いのではないでしょうか?

2009/12/22追記:
現在ハブエアポンプにダイナモを組み込む改良を行っているテレビ番組を先日見ました.

|

« 「プロバイダー総合実力」ランキング | トップページ | カナリアタンポポ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/40854

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車こぐとタイヤに空気:

« 「プロバイダー総合実力」ランキング | トップページ | カナリアタンポポ »