« 梅の香りと大高取山ハイキング会 | トップページ | 今日のランチ »

2004.03.13

煮干し?それとも ブーケガルニ?

ゆうパークおごせ について もう少し書いてみようと思います.
フロントで無料招待券と下足箱のカギを渡すと ロッカーのカギとタオル・水着・館内着の引き替え券をくれます.
これを 別のカウンターで渡して タオル等を受け取るわけですが,その時 「水着は必要ですか?」と訊かれました. 私は,何年も前に,家族で来たことがあるので,水着が混浴ゾーンで必要な事を知っていましたので,「使います」と答えて 受け取りました. 

ロッカールームを出ると 右が はだかの湯と書かれたドア 左が ふれあいの湯のドアで まず はだかの湯で 体を洗ってから ふれあいの湯へとの注意書きがあり,さらにはだかの湯には,水着を使用しないようにとも書かれており,水着を置く棚がありました.

水着が必要かと訊かれたのは,触れあう相手を同伴していないから・・・?

水着を置いて,シャワーを浴び,露天風呂に直行しました. そこで見たもの・・・それが 乳白のお湯に浮く 3本の丸太でした. 3.5mくらいの檜の丸太を3等分にしたものが,プカプカと漂っています.

壁に檜は森林浴の効果がある・・・と書かれていますが,丸太の一部には,緑の苔も見られるので,私の感想が「まるで 煮干し のようだ」 です. その後 ほかの客が話していた言葉が 「ブーケガルニ・・・」でした.
 
同じものを見て 連想するものが こうも違うものかと 思ってしまいました.
私が「ブーケガルニ」を知ったのは,熊谷の独身寮にいる頃で,日曜日にビーフシチュウを新聞のレシピを見ながら初めてつくった時です. それ以降はインスタントばかりですので すっかり忘れられた言葉になっていました.

乳白の色は,奥飛騨温泉郷の湯ノ花の色でした.

体を洗って 棚の水着をつけて ふれあいの湯へ行きました. そこで サウナ・薬湯・ミストサウナを楽しみましたが,もし水着を受け取っていなかったら利用できなかった事になります.

風呂から出て レストランで 唐揚げと枝豆(茶豆)で生ビールと瓶ビールを飲み,ざるそばを食べて 帰りました.
唐揚げがカレー風味でコストパフォーマンスがよかったです.

|

« 梅の香りと大高取山ハイキング会 | トップページ | 今日のランチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煮干し?それとも ブーケガルニ?:

« 梅の香りと大高取山ハイキング会 | トップページ | 今日のランチ »