« 77777 | トップページ | 残念!温泉はまだだった »

2004.08.13

抜け落ちたもの

美浜原発の事故は人災と言われています.

流体が通る配管の減肉はよくある現象です.
流体が流れる方向を変えられる時配管に当たる部分が特に減肉が発生します.
配管の減肉を超音波で調べるのはとても簡単な作業で,デジカメ程度の大きさの簡単な測定器で,デジカメで撮影するのと同じ程度の時間(1,2秒)で±0.1mmの精度で測定できます.
もっと精度を上げるには配管と同じ材質のテストピースで校正する必要がありますが,10mmの厚みが5mmになっているかどうかを調べるだけなら不要です.

今回のように1.4mm0.6 mm>0.4mmまで薄くなっているのならハンマーで叩く打音検査でも異常は発見できたと思います.
2004/08/13追記:

関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)の高温蒸気噴出事故で、経済産業省原子力安全・保安院は13日、電気事業法などに基づき同原発への立ち入り検査を実施した。その結果、破損した配管の肉厚が最も薄い部分で0.6ミリだったことを明らかにした。

MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題

0.6 mmは破断時に薄くなった可能性もあります

2004/09/06追記

蒸気噴出事故を起こした関西電力美浜原発3号機の破裂した配管の肉厚は、最も薄いところで0.4ミリにまで減少していたことが5日、経済産業省原子力安全・保安院による現場での最終測定で明らかになった。従来の測定では0.6ミリが最も薄かった。

破裂配管の肉厚、最薄部は0.4ミリに 美浜原発3号機 - asahi.com : 社会

0.6mmが0.4mmでも10mmを基準とするとたいした違いはありませんが,一応修正しておきます

原子炉の検査要領書は,非常に多くの項目がある為に,今回のように必要な項目が抜け落ちていても往々にして気がつかないものです.
間違いや余分なものは目につきますが,抜け落ちたものを探すのは大変です.

ではこのような場合どうしたらよかったのでしょうか?
それは同様のものと比較する事です.
原子力発電所は美浜だけではありません.
東電の作成した検査要領書とつきあわせてみると,抜け落ちた部分がきっと発見できたと思います.
逆に東電の検査要領書も関電の検査要領書と比較すると不備があるかもしれないのです.
この点で 定期検査を監督している国の責任は重大と言わざるをえません.

昨年 抜け落ちている事に気がついた下請けがいたのに直ちに反映されなかったのは,前例にこだわる雰囲気があったのかもしれません.
もし追加すると「なぜこれまで検査しなかったのか?」という責任を誰が負うのかという問題が発生するので,ついつい消極的になってしまったのではないかと思います.

流体が流れている配管は,発電所だけではありません. いろいろな工場で数多く使われている配管の減肉検査を今すぐ行うべきです. 流体による減肉ではなく腐食による減肉もあります.
不景気の影響でメンテナンス予算が削られて交換時期が延び延びになっている可能性は高いはずです.

|

« 77777 | トップページ | 残念!温泉はまだだった »

「ニュース」カテゴリの記事

「超音波」カテゴリの記事

コメント

こんにちは,
今回の事故の報道でオリフィス板の後の流れの乱れ,渦で配管が磨耗したような表現が多いですね。
私としては急速な加圧,減圧で生じるキャビテーションの気泡も大きな原因の一つだと思うのですが。
オリフィスが流線形のフローノズルでなく,ドーナツ板状だったというのにも驚きました。

投稿: Yamada | 2004.08.17 13:30

Yamadaさん こんにちは.
気泡が集まりやすい上側の減肉が大きいという情報もありますので,キャビテーションの気泡が犯人だと思います.
キャビテーションの気泡は,私の仕事だった超音波探傷にとっては大敵だったので,気泡が発生しないようにする事にだけ関心がありました.従ってキャビテーションについてはあまり知識がなく,昨年展示会で見かけたので別館何でもDataBaseにソノルミネッセンスを追加した次第です.
PS:メールアドレス無しでコメントが書ける設定に変えています

投稿: TAMO | 2004.08.17 23:04

TAMOさん,こんにちは

そうですか,超音波探傷をやってたそうで。
(私の卒論テーマは超音波の電力計でした。)
仕事でプールの循環システムなどを長いことやりましたので常温の水の循環系は少しかじりました。
今回は高温,高圧ですが,それにしては貧弱な配管だと感じました。

投稿: Yamada | 2004.08.18 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/1182527

この記事へのトラックバック一覧です: 抜け落ちたもの:

« 77777 | トップページ | 残念!温泉はまだだった »