« 東京に行きました | トップページ | ココログ全文検索窓更新 »

2004.08.06

ダイアモンド半導体

良質の絶縁体であるダイヤモンドが、発熱せずに電流が流れ続ける超伝導の状態にもなることがわかった。消費電力の極めて少ないエレクトロニクス素材への応用が期待される。物質・材料研究機構(茨城県つくば市)の高野義彦主任研究員と早稲田大の川原田洋教授らが4日発表した。

ダイヤモンドが超伝導状態に 物材機構と早大発見 - asahi.com : サイエンス

すごい発見です.
絶縁体・半導体・超伝導の3つの状態を使えば何でも可能です.

実用化にはあと超伝導遷移温度で °がんばるだけのようですからとても楽しみです.

★関連リンク
高濃度ボロンドープダイヤモンドにおける超伝導の研究

|

« 東京に行きました | トップページ | ココログ全文検索窓更新 »

「エレクトロニクス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

はじめまして TAMOさん
ダイアモンド半導体ですか?
高くなりそうですが、凄いものに目をつけましたね。
でも、元は炭素だから・・・。できるのか?
ダイヤモンド以外の構造でもできるのかしら?
(低レベルの質問ですみません。)

投稿: makeneko78 | 2004.08.07 15:03

makeneko78さん こんにちは.
サファイア基板が半導体レーザー等で使用されているのは知っていますが・・・.
詳しくは「サファイア基板」で検索してみてください.
超伝導の場合冷却費用の方がダイアモンドよりはるかに高そうです.

PS:URLを修正させて頂きました

投稿: TAMO | 2004.08.07 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/1134039

この記事へのトラックバック一覧です: ダイアモンド半導体:

« 東京に行きました | トップページ | ココログ全文検索窓更新 »