« カテゴリーSPAM | トップページ | 税金のムダ使い »

2004.09.22

奈良県でBSE疑い牛

奈良県で牛海綿状脳症(BSE)の疑いがある乳牛1頭が見つかった問題で、奈良県は22日、この牛を解体処理した県食肉流通センター(同県大和郡山市)の病畜棟を消毒した。

河北新報ニュース BSE疑い牛解体施設消毒 奈良、飼育歴や餌を調査

asahi.comでは見あたりませんでした.

米国政府は当初、首脳会談での輸入再開合意をめざしていたが、日本側が安全確保のための国内での論議を尽くす必要があるとの立場をとったため、こうした表現に落ち着いた。

米軍再編問題、地元の負担軽減を確認 日米首脳会談 - asahi.com : 政治

米国産牛肉の輸入再開に反対している私ですが,米国産牛肉の安全性については,まだ論議されていないという点が重要だと思います.

「この時期に取りまとめをすれば、輸入再開との関連性を疑われても仕方ないが、政府の思惑に乗った評価作業はしていない。別次元だ。どうも政府の方からも『(食品安全委の)検証作業を待つ』との発言が聞かれるが、何か混同している。国内BSE対策を評価したもので、米国産牛肉のリスク評価はしていない

2004年9月8日

ニュースソースは2004年9月8日中日新聞のインタビュー記事回答者は食品安全委専門調査会座長代理 金子清俊氏(以下同じ)

「どこでそんな話になってしまったのか。今の検査技術ではすべての牛の感染を検出できるかと問われれば『ノー』だ。だからといって全頭検査はしなくてもいい、とは一言も書いていない

2004年9月8日

「あくまでも個人の印象だが、検査もされず、リスク評価もできない不安な状態は嫌いだ。自分はともかく、人の生命を守る立場から若い世代の人に食べさせるだけの勇気はない

2004年9月8日

BSEを研究している人の発言は尊重されるべきだと思います.

★関連リンク(追記)
13頭目・・・
---奈良県でBSE疑い牛はBSEでした. ・・・・・

|

« カテゴリーSPAM | トップページ | 税金のムダ使い »

「ニュース」カテゴリの記事

「BSE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/1494210

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良県でBSE疑い牛:

« カテゴリーSPAM | トップページ | 税金のムダ使い »