« 「日本」は奈良時代から使われていた | トップページ | 感染ルートは? »

2004.10.13

今日は麻酔の日

日本麻酔学会は、青洲の麻酔手術が世界の先駆けだったとして、10月13日を「麻酔の日」としている。

麻酔術「門外不出」説覆る 華岡青洲から杉田玄白一門に - asahi.com : サイエンス

「華岡清洲の妻」という本のタイトルはよく聞きましたが,読んだことはなかったので,華岡清洲が全身麻酔のパイオニアとは知りませんでした.

私は,小学校4年生の11月に左肘を複雑骨折して,その手術で,全身麻酔を体験しました. 映画でよく見るように数を数えてくださいと言われて数えているうちに声が出なくなりました.意識はあるのでこのまま手術されたら痛いと思い何とか意識がある事を医者に知らせるにはどうしたらよいかと考えて,そうだ目を開ければよいと気が付いて目をあけたらそこは,手術室ではなく病室でした.その後は猛烈な吐き気で大変でした. 約2週間入院していましたが,その時花札と将棋を覚えました.退院後の冬休みに先生の自宅に行き理科の実験を教えてもらった事は今でも覚えています.実験で使用する試験管・試験管立て・アルコールランプ・三脚・石綿付き金網等の器具を薬局で買い揃えて教えてもらいました.しかし何の実験だったのかは覚えていません.

これを機会に,今度「華岡清洲の妻」を探してみたいと思います.

★関連リンク(追記) 最近呼んだ本 ---読んだので 右欄の「最近読んだ本」に追加しようととして,最近@nifty Booksのアフィリエイトが設定可能な事を思い出しました.・・・・・

|

« 「日本」は奈良時代から使われていた | トップページ | 感染ルートは? »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/1671130

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は麻酔の日:

« 「日本」は奈良時代から使われていた | トップページ | 感染ルートは? »