« BSE 人から牛に感染? | トップページ | カトリーナをつくるエネルギーは何? »

2005.09.18

BSE感染見逃しの恐れ

原因不明の孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)として死亡した患者388人のうち、確定診断に必要な脳の解剖を受けたのは18%(70人)だけで、欧米に比べ極めて低いことが、厚生労働省CJDサーベイランス委員会の最近6年間の実態調査で16日分かった。

岩手日報ニュース ヤコブ病の解剖18%  BSE感染見逃しの恐れ

6年間で,388人のクロイツフェルト・ヤコブ病による死者があったというのも驚きですが,確定診断がいい加減という事実には,もっとびっくりしました.

これでは,統計の数字があてにならなくなります.

牛の全頭検査に較べると議論の余地がないほど少ないのですから,必ず異常プリオンがないかどうか確認してほしいと思います.

|

« BSE 人から牛に感染? | トップページ | カトリーナをつくるエネルギーは何? »

「ニュース」カテゴリの記事

「BSE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/5999096

この記事へのトラックバック一覧です: BSE感染見逃しの恐れ:

» アイダホ・ヤコブ病集団発生8人に増加 「診断には解剖が必要」 [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
アイダホのCJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)疑い患者さんは、8人になっちゃったみたいです。 SUSPECTED CASES OF CREUTZFELD-JAKOB DISEASE Sep 21, 2005 http://www.kpvi.com/index.cfm?page=nbcstories.cfm&ID=2519 参考:8月の時点のニュース ヤコブ病:米アイダホ州で6件発生 5人死亡 http://news18.2ch.net/test... [続きを読む]

受信: 2005.09.30 15:56

« BSE 人から牛に感染? | トップページ | カトリーナをつくるエネルギーは何? »