« チューブラルグリル購入 | トップページ | やっと画像が表示されました »

2006.06.24

潜伏期間は50年?

【ワシントン23日共同】牛海綿状脳症(BSE)の牛を食べて発病するとされる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病は、感染から発病までの潜伏期間が、長い人で50年を超す可能性があるとの推定を、英ロンドン大などのチームがまとめ、24日付の英医学誌ランセットに発表した。

中国新聞・国際

昔は人生50年でしたので,潜伏期間が50年なら他のリスクと同等と言えるのかもしれませんが,逆に全頭検査前の牛がBSEだった可能性も残っているので,今発症していないからといって安心できない事になります.

|

« チューブラルグリル購入 | トップページ | やっと画像が表示されました »

「ニュース」カテゴリの記事

「BSE」カテゴリの記事

コメント

こんにちは,中国新聞の記事はリンクが切れているようですが,

毎日新聞

Nature

あたりが同じネタでしょうか.

クールー病はカルバニズムの人から人への感染で,それに対する疫学調査からの推定ですね.

牛から人へのBSE問題と比較するときに「種の壁があるから潜伏期間が長くなる」というのは何か根拠があるのか?ちょっとそこがわからない記事でした.

投稿: Yamada | 2006.06.26 11:32

Yamadaさん こんにちは.
リンク切れに対するフォローありがとうございます.
毎日新聞の記事は中国新聞の記事と同一(元情報は共同通信が配信している為)です.
私もロンドン大あたりを探しましたが,見つける事ができませんでした.

投稿: TAMO | 2006.06.26 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/10654936

この記事へのトラックバック一覧です: 潜伏期間は50年?:

« チューブラルグリル購入 | トップページ | やっと画像が表示されました »