« JAXA地球観測センター | トップページ | スクロール検索 »

2007.05.22

POWER6

最大動作周波数4.7GHzのデュアルコアプロセッサ。製造プロセスは65nm SOI、トランジスタ数は7億9千万以上、ダイサイズは341平方mm、L2キャッシュ容量は8MB、L3キャッシュ容量は最大32MBで、2個のメモリコントローラを内蔵する。(IBM、世界最速CPUを謳う「POWER6」~4.7GHz駆動のデュアルコアプロセッサ:Impress PC)

消費電力の関係でCPUのクロック競争は頭打ちになり,今後はマルチコアの方向に進むと思っていましたが,4.7GHzはすごいですね. HTのような裏技よりクロック周波数を高くする方法は,その効果が容易に想像できるので,これでIntelも方針を転換するかもしれません.ベンチマークの結果(具体的な数値)など詳しい情報はまだ見つかりませんが,Googleアラートを設定して最新情報を入手したいと思います.

The POWER6 chip in the new IBM System p™ 570 server owns a number of industry “firsts.” It is the first UNIX microprocessor able to calculate decimal floating point arithmetic in hardware. (IBM Unleashes World's Fastest Chip in Powerful New Computer:IBM(USA) 21 May 2007

10進数の浮動小数点演算をハードウェアで装備するというアイデアもすごい発想だと思います.この部分での優位は,同等機能を実装しないかぎり,他社は追いつく事ができないでしょう.

2007/06/06追記:
★関連リンク
ベンチマークに関する記事を見つけました
CNET Japan:POWER6、SPEC CPU2006のベンチマークの考察

2007/06/18追記:CNET Japan:POWER6、SPEC CPU2006のベンチマークの再考察---修正版

2008/04/13追記:
クロック周波数は4.7GHzから5GHzにUPしました.

|

« JAXA地球観測センター | トップページ | スクロール検索 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/15163433

この記事へのトラックバック一覧です: POWER6:

« JAXA地球観測センター | トップページ | スクロール検索 »