« 国際宇宙ステーションで重大トラブル | トップページ | そんな調査が許されるのか? »

2007.06.15

危機一髪

大阪市は15日、同市浪速区の市営地下鉄堺筋線の恵美須町駅に設置した日本エレベーター製造(東京)のエレベーター1基で、ワイヤロープを構成する8本のストランド(金属線の束)のうち4本が破断しているのが見つかったと発表した。(異物で?金属線4本破断/大阪市地下鉄エレベーター―四国新聞社)

エレベータシャフトは人が簡単には入れないはずなので,点検後に異物が噛み込むというのは不思議ですね.

半分断線というのは,これまでの報道の中では一番危険な状態だと思います. 断線しても非常停止装置があるので,人身事故となる可能性は低いでしょうが,長時間閉じこめられてしまうのではないかと思います.

back number icon
フジテックも
オーチス77基で不適合
埼玉でも
日本オーチスも
今度はシンドラー
やっぱり
ひどすぎる

|

« 国際宇宙ステーションで重大トラブル | トップページ | そんな調査が許されるのか? »

「ニュース」カテゴリの記事

「交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/15443642

この記事へのトラックバック一覧です: 危機一髪:

« 国際宇宙ステーションで重大トラブル | トップページ | そんな調査が許されるのか? »