« asahi.comボタン | トップページ | 危機一髪 »

2007.06.14

国際宇宙ステーションで重大トラブル

The problem first emerged on Tuesday as astronauts were connecting a new 17.2-ton truss to the station. The three navigation computers in the Russian section crashed and could not be rebooted. Thruster control was passed to the shuttle Atlantis, which has enough fuel to provide the attitude adjustment service for several days. (Computer Flaw Could Imperil Space Station - New York Times)
スペースシャトルがドッキングしている国際宇宙ステーション(ISS)で,ロシア製の姿勢制御コンピュータ3台が止まり,再起動できなくなったようです.

現在はスペースシャトルの力で軌道を維持していますが,最悪の場合は全員退去になるかもしれません.
トラブルが解決するのを祈っています.

2007/06/17追記:


Russian cosmonauts made progress yesterday in restoring service on their essential computers on the international space station, using a jumper cable to bypass a malfunctioning power switch.(Progress Seen at Space Station - washingtonpost.com)

原因は電源スイッチだったようです.
3系統の内2系統が復旧しました.


The computers were manufactured by the German company Daimler-Benz, and donated to the space station by the European Space Agency.(Progress Seen at Space Station - washingtonpost.com)

ロシア製コンピュータではなくドイツ製のようです.

2007/06/19追記:



Russian computers on the International Space Station passed a crucial test yesterday and are back in operation following a weeklong glitch that might have led to the station’s evacuation had it not been fixed.(Space Station Passes Test After Repairs to Computers - New York Times)

動作テストの結果完全に復旧した事が確認されました.よかった!!!

|

« asahi.comボタン | トップページ | 危機一髪 »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/15432136

この記事へのトラックバック一覧です: 国際宇宙ステーションで重大トラブル:

« asahi.comボタン | トップページ | 危機一髪 »