« Googleイメージ検索の裏技 | トップページ | USAで牛肉リコール騒ぎ »

2007.06.09

ミリ波銃

群衆が騒ぎ出し、兵士たちが『HUMMER』に乗ってやって来る。突然、あなたの右半身に鋭い痛みが走る。まるで溶岩の中に放り込まれたかのようだ。ショックと痛みでもう少しで気絶しそうだったが、後ろによろめいて、次の瞬間には走って逃げ出す。驚いたことに他の人もみんな走り出している。ほんの数秒後には、通りに誰もいなくなる。(WIRED VISION / 放射線ビームを照射する非殺傷兵器(1))

ミリ波を使用した新しい兵器が開発されました.

ミリ波ビームで皮膚だけを加熱する方式の兵器で,記事を読んだ限りでは用途として放水銃に代わる暴動鎮圧用だと感じました.無害と言っているようですが,距離とパワー次第で後遺症が残る可能性を否定できないと思います.

しかし、資料によれば、被験者はひどい火傷が残ったように感じるにもかかわらず、その影響は長くは続かないという。せいぜい、「熱さを我慢した一部の被験者の肌が長期間赤みを帯び、場合によっては小さな水ぶくれができることがある」程度だと空軍の実験者は結論づけている。(WIRED VISION / 放射線ビームを照射する非殺傷兵器(1))

この程度のパワーならアルミ箔でできたサバイバルシートをかぶる事で防御できそうですね.ただ拡げる時間があればの話ですが・・・.

追記:ミリ波は30GHz~300GHzの電磁波で,放射線とは言いません.

★関連リンク(追記)

ミリ波銃2
---ミリ波銃の続きです.

|

« Googleイメージ検索の裏技 | トップページ | USAで牛肉リコール騒ぎ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/15370760

この記事へのトラックバック一覧です: ミリ波銃:

« Googleイメージ検索の裏技 | トップページ | USAで牛肉リコール騒ぎ »