« びっくりしました | トップページ | 巣鴨限定「デュアルコア」 »

2007.06.22

産地偽装を防ぐには

北海道苫小牧市の食品加工卸会社ミートホープによる偽の牛ミンチ出荷問題に絡み、同社は地元3市の公立小中学校給食用として、ブラジル産の鶏肉を国産と偽って出荷していた疑いの強いことが、同社の内部資料や元幹部の証言などでわかった。(asahi.com:給食用鶏肉、ブラジル産を国産と偽った疑い ミート社2007年06月22日03時01分リンク切れ)

今回は鶏肉ですが,牛肉も同じではないかと思ってしまいます.

食べなければよいではすまされないで書いた技術を使えば,オーストラリア産牛肉霜降り肉に変身させる事ができます.

産地を偽装して一番利幅が大きいと思われるのは牛肉ですから,記者会見で言う事が変わるような会社なら牛肉でも産地偽装が行われていたのではないかと勘ぐってしまいます.

久しぶりにホクビーのHPを見て,牛肉だけではなく豚肉にも同じ技術が使われている事を知りました.

アレルギー物質
乳 ●
小麦 ●
卵 ●
落花生 -
そば-
(ポークロース | 株式会社ホクビーリンク切れ)

驚いた事に乳・小麦・卵が含まれています.これは脂肪を注入する為に液化する過程で使用される乳化剤の成分と思われます.私はこのようなアレルギーがありませんので平気ですが,消費者に渡る段階で,にこのようなアレルギー物質が含まれていると明記されているかどうか心配です.

産地偽装を防ぐには,監督官庁が,抜き打ちの立ち入り検査を実施する他ないと思います.

|

« びっくりしました | トップページ | 巣鴨限定「デュアルコア」 »

「ニュース」カテゴリの記事

「BSE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/15518947

この記事へのトラックバック一覧です: 産地偽装を防ぐには:

« びっくりしました | トップページ | 巣鴨限定「デュアルコア」 »