« 第2世代スーパーコンピュータ | トップページ | MTBF137年間のHDD »

2007.06.28

新型DAT装置

日本ヒューレット・パッカードは6月28日,中小企業に向けてデータ・バックアップ装置の新製品を発表した。LAN(iSCSI)経由で利用するディスク・ベースの仮想テープ・ライブラリ「HP StorageWorks D2D120 Backup System」と,小規模バックアップ用テープ規格DDS(Digital Data Storage)の最新規格「DAT160」(DDS-6)を採用したドライブ装置「HP StorageWorks DAT160」である。(ITPro:日本HP,第6世代のDDSテープ・ドライブとiSCSI接続型VTLを発表)

最近はこの分野からすっかり遠ざかってしまいましたが,それでもこのようなニュースを見かけるとつい読んでしまいます.

今でもバックアップソフトはテープドライブを前提にしていると思いますので,とりあえず高速にバックアップしておいて,後でゆっくりDATに落とすというのはスマートなやり方ですね.価格も手ごろだと思います.

2008/12/03追記:
時々検索エンジンからこの記事に飛んでこられているようですので,下記リンクを追加しておきます.
HP StorageWorks DAT 160 SCSIテープドライブ 
PDFアイコン

テープ幅が8mmになったので信頼性も向上すると思います.テープ1本フルに書き込むのに3時間は長いように感じますが,深夜バックアップのアイテムとしては,許容限度内ですね.

|

« 第2世代スーパーコンピュータ | トップページ | MTBF137年間のHDD »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/15585752

この記事へのトラックバック一覧です: 新型DAT装置:

« 第2世代スーパーコンピュータ | トップページ | MTBF137年間のHDD »