« 驚きの数字 | トップページ | asahi.comボタン »

2007.06.13

子虫に弁当を用意するマルカメムシ

マルカメムシという豆類の害虫について、ダイズなどの作物を食物として利用できる性質が、昆虫自身の遺伝子ではなく腸内共生細菌によって決まることを発見。 昆虫の進化や害虫化の起源に新たな観点を与えるとともに、害虫防除の新規標的として共生細菌の可能性を示唆する。(産総研:プレス・リリース 共生細菌による昆虫の害虫化の発見)
最初食べ物の好みが腸内共生細菌の種類で決まるのかと思いましたが,腸内細菌が消化できないエサでは,ふ化しにくくなるという事でした.
マルカメムシ類は、腸内に特定の細菌(我々がイシカワエラ Ishikawaellaと命名した)を保有しており、この細菌なしでは正常な成長や繁殖ができないほど密接な共生関係にある。興味深いことにマルカメムシ類の母虫は、植物上に卵を産むときに、いっしょに褐色の小さな塊を産みつける。これらは実は内部に腸内共生細菌を封入した『共生細菌カプセル』であり、孵化幼虫がカプセルに口吻を突き立てて内容物を摂取することにより、共生細菌の感染が成立する(図1)。母虫が子虫のために共生細菌入りの『お弁当箱』を用意するというシステムは他に類例のないものであり、実験室においてこの共生システムを利用することによって、他では不可能なさまざまな実験操作が可能となる。(産総研:プレス・リリース 共生細菌による昆虫の害虫化の発見)
親の腸内共生細菌を子虫が食べるのは,ゾウの子供が親の糞を食べて腸内共生細菌をもらうのと同じ行動です.

|

« 驚きの数字 | トップページ | asahi.comボタン »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/15417163

この記事へのトラックバック一覧です: 子虫に弁当を用意するマルカメムシ:

« 驚きの数字 | トップページ | asahi.comボタン »