« 消えたβ | トップページ | 地球の反対側 »

2007.06.02

今まで何を監督していたのか

国土交通省が全国の貸し切りバス事業者を対象に重点監査を実施したところ、深夜時間帯を中心に長距離を運行するツアーバス事業者の約8割に過重労働などの法令違反があったことが1日、分かった。同省は違反行為が横行している事態を重視、悪質な業者を中心に車両停止などの行政処分を科す方針。(日経:ツアーバス事業者、8割に法令違反・国交省、行政処分も (20:21) )
8割も違反していたというのが事実なら,これまで何をチェックしていたのかという事になります. つまり8割が違反ならサンプリング監査でも軒並み違反となっていたはずです. その事に気がつかないのなら監査が監査になっていなかったと言えます. 行政処分の前に監督官庁の責任を明確にしてほしいものです.

|

« 消えたβ | トップページ | 地球の反対側 »

「ニュース」カテゴリの記事

「交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/15284067

この記事へのトラックバック一覧です: 今まで何を監督していたのか:

« 消えたβ | トップページ | 地球の反対側 »