« 新型DAT装置 | トップページ | 国内33頭目のBSE牛 »

2007.07.03

MTBF137年間のHDD

Barracuda ES.2の平均故障間隔(MTBF)は,24時間365日の連続運用で120万時間に達する。インタフェースは,Serial ATA(SATA)に加えSerial Attached SCSI(SAS)も用意する。 (ITPro:Seagateが1テラバイトの新型HDD,出荷開始は第3四半期)

120万時間は何年なのか計算してみるとほぼ137年間(1年は365.25日として約136.89年)となりました.

この数字は,137年間は故障しないという意味ではありません.製品寿命を5年とすると,5年以内で故障する確率は3.6%と評価します.実際には,使用温度等を考慮して話半分と見るのが正しいと思われます.

いくら信頼性が高くても故障がまったく発生しないというわけではないので,定期的なバックアップは必ず行いましょう.

|

« 新型DAT装置 | トップページ | 国内33頭目のBSE牛 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/15633042

この記事へのトラックバック一覧です: MTBF137年間のHDD:

« 新型DAT装置 | トップページ | 国内33頭目のBSE牛 »