« メキシコで天然ガスのパイプラインが爆破されました | トップページ | FFFTP更新 »

2007.09.12

エレベーターが落下

十二日午前一時ごろ、堺市西区浜寺石津町西四丁目の娯楽施設「とこりん」石津店で、四階に上がる途中のエレベーターが二階まで落下。乗っていたいずれも堺市に住む十代と二十代の男性九人が腰を打ったり、気分が悪くなったりした。(中国新聞ニュース:エレベーター落下9人搬送 堺のビルでシンドラー製'07/9/12 )

とうとう落下事故が起きました.

12日午前0時50分ごろ、堺市西区浜寺石津町西4、遊戯施設「とこりん石津店」(4階建て)で、26~15歳の男性客9人が、3階から上行きのエレベーターに乗り込んだところ、突然、2階付近まで約2メートル落下した。(読売:遊戯施設でエレベーター2m落下、男性客9人けが…堺)

約2mの落下ですんでよかったと思いました.

堺南署はかごをつっているロープが緩んでいた可能性があるとみて詳しい状況を調べている。(中国新聞ニュース:エレベーター落下9人搬送 堺のビルでシンドラー製'07/9/12 )

ロープは複数本あるので,2mも落下するほど緩む事は考えにくい事から,制御回路の故障ではないかと思います.

2007/09/21追記:

この度の事象が発生した当時と同じ積載荷重(約580kg)にて、3階から4階への運行を試験した結果、当該エレベーターはかごの上昇中にエレベーターの主索と巻上機の綱車にすべりが発生し、ゆっくりと降下し、ゆっくりと停止する現象が時折確認されました。この際の降下速度は、ほぼ100%積載荷重にて定格速度の約半分でした。上記現象が発生した理由につきましては、綱車の溝の磨耗が進んでいたことが原因と判断しました。なお、安全装置は、機能上問題がないことを確認いたしました。(News/:大阪府堺市の「とこりん石津店」において発生した エレベーターのかご降下事故について2007年9月18日 )

すべったら制御できませんね

2007/10/17追記:

調査の結果、事故当時の報道とは異なり、かごはゆっくり降下した後、ゆっくりと停止する現象が確認されました。先日お伝えしましたとおり、この事故は巻上機綱車の溝の磨耗により、エレベーターの主索と綱車にすべりが生じたことにより起きました。事故発生当時当該エレベーターの安全装置は正常に作動する状態にありましたが、すべりが生じやすい状態にあったことを事前に把握できなかったことを誠に遺憾に感じております。
(News/)

落下ではなかったようです.

★関連リンク
駆動の仕組み

|

« メキシコで天然ガスのパイプラインが爆破されました | トップページ | FFFTP更新 »

「ニュース」カテゴリの記事

「交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/16422875

この記事へのトラックバック一覧です: エレベーターが落下:

« メキシコで天然ガスのパイプラインが爆破されました | トップページ | FFFTP更新 »