« カラー印刷可能な不可視インク | トップページ | 名古屋コーチンの産地偽装発覚 »

2007.10.01

Oracle9i Databaseにバグ

神戸新聞社の紙面製作システムに22日、障害が発生した原因について、システムを開発した日本電気(NEC)と、日本オラクル両社は28日、データベース(DB)ソフト「オラクルデータベース」にプログラムの不具合(バグ)があったと発表した。同ソフトは大規模な商用サービスなどに世界で最も多く使われ、国内の新聞社の多くも採用している。日本オラクル社は米本社に障害を報告。バージョンアップまたは修正プログラムでの対応を検討する。 不具合があったのは、DBの起動時に履歴データと現在のデータを照合して不一致がないかをチェックする部分のプログラム。データを効率的に検索するために一時的につくられた分析用のデータは、履歴データと一致しないことが想定されるにもかかわらず、プログラムはデータの不一致をエラーと判断、起動できない構造になっていた。不具合を回避する手順も想定されていなかった。
(神戸新聞:オラクル社のソフトに原因 2007/09/28 )

ハード系のトラブルと思っていましたが,ソフト系のトラブルだったのですね.

「ソフトは壊れない!」と思っています.
順調に動作していたシステムが起動しなくなったら,普通はハードを疑います.
そういう切り分けが通用しないのが,ごくまれなタイミングで発生するバグです.デバッグは動作確認しながら行いますので,想定していないキー操作や,突然の停電などでしか起きない現象は見逃されていても気がつきません.つまり「ソフトは壊れないが,ごくまれにしか発生しないバグが残っている可能性はある」
が正しいトラブル処理での考え方なのです.
ただ,ごくまれにしか発生しないバグは再現させるのが難しいので,起きた現象からいろいろな仮説をたてて行うデバッグは大変です.

★関連リンク
業務終了時にDBを「強制終了(shutdown abort)」していた神戸新聞のシステム障害の罠

|

« カラー印刷可能な不可視インク | トップページ | 名古屋コーチンの産地偽装発覚 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/16627765

この記事へのトラックバック一覧です: Oracle9i Databaseにバグ:

« カラー印刷可能な不可視インク | トップページ | 名古屋コーチンの産地偽装発覚 »