« ホームズ彗星 | トップページ | 一太郎にバッファオーバーフローの脆弱性 »

2007.10.25

世界最速のNEC SX-9

NECは10月25日、ペタフロップスに迫る839テラフロップスを実現する世界最高速のスーパーコンピュータ「SXシリーズ モデルSX-9」を製品化し、世界同時で販売活動を始めたと発表した。(NEC、1PFLOPSに迫る世界最高速のスパコン発売 - @IT)

839TFLOPSはすごいです.

またノード間は光通信を使った独自の“インターコネクト”技術で128Gbpbsの広帯域通信を実現した。(NEC、1PFLOPSに迫る世界最高速のスパコン発売 - @IT)

この128Gbpsは従来の40Gbpsの3倍です.

ただ512ノードのシステムを構築するお客がいなければ理論値に終わってしまいます.

かつて世界最速だった地球シミュレータは消費電力約6MWで年間の電気代が6.5億円ですから,早くSX-9に更新して世界最速の座に返り咲くべきだと思います.

2007/10/26追記:

ドイツ ドレスデンで開催中のInternational Supercomputing Conference (ISC'07) において第29回 Top500R (http://www.top500.org/list/2007/06/100) リストが発表され、東工大スーパーコンピュータTSUBAMEは、産学共同の研究開発の結果、前回の 47.38TeraFlops (1TeraFlops = 1秒間に1兆回の浮動小数点演算) から、48.88TeraFlops と1.5TeraFlops の性能向上を果たし,3期連続でアジア1位の座を獲得しました。また、総合順位でも14位と健闘しました。(News/2007/0628/01/JA - GSIC Public Relations)

現時点の国内最速は48.88TFLOPSです.

現在、欧州の顧客と100ノード規模の商談を進めており、受注すれば100億円規模の売上げになるという。国内においても、2008年夏をめどに10ノードのSX-9を大阪大学に納品することが決定している。
(NECが新スパコンを投入、1ノード当たりの演算性能は従来機種の13倍に : ハードウェア - Computerworld.jp)

大阪大学で稼働した場合でも16TFLOPSですから地球シミュレータにも届きませんね.

2007/10/27追記:

最先端の65nm Cuプロセスを採用したCMOS LSI技術と最先端LSI設計技術により、ベクトルプロセッサ(ベクトルユニット+スカラユニット)を1チップ化。ベクトルプロセッサの中枢部であるベクトルユニットのパイプライン部は3.2GHzの高い周波数で動作し、102.4GFLOPS※1という驚異的な演算性能を実現しています。(SX-9 高機能プロセッサとテクノロジ: SX-9 ハードウェア: SX Series: HPC Server Family: スーパーコンピュータ: 製品 | NEC)

CPUクロックを知りたかったのですが,やっと3.2GHzだとわかりました.

2007/11/02追記:

NECは、東北大学情報シナジー機構情報シナジーセンター(本部所在地:宮城県仙台市 機構長 杉山 一彦)から、ベクトル型スーパーコンピュータ「SXシリーズ モデルSX-9」16台からなる大規模スーパーコンピュータシステムを受注いたしました。新システムは、最大性能26.2テラフロップス(テラフロップス:1秒間に1兆回の浮動小数点演算能力)に達し、SXシリーズでは国内最大規模のシステムになります。 (NEC:東北大学から最新ベクトル型スーパーコンピュータシステム「SX-9」を受注

最大性能26.2TFLOPSでは東京工業大学に届きませんね.

2007/11/10追記:

国立天文台は、2001年よりスーパーコンピュータを世界最高性能の天文学専用のシミュレーションシステムとして共同利用する形で研究者に提供し、理論天文学において世界的な成果をあげてきた。今回2社が受注したシステムは、NECの「SX-9」2ノード(合計20CPU、システム最大ベクトル性能:2.0テラフロップス)とクレイ社の「Cray XT4」(システム最大性能:26テラフロップス)で構成され、スーパーコンピュータの中に宇宙を再現し、コンピュータシミュレーションにより銀河形成における過程を解明する研究目的に活用される。
(RBB TODAY:国立天文台、NEC製「SX-9」とクレイ製「Cray XT4」のスパコンシステムを発注冨岡晶@RBB 2007年11月9日 17:56 )

演算能力から見るとSX-9はサブのようですね.

2009/05/21追記:

NECは11月12日、東北大学サイバーサイエンスセンターに納入したスーパーコンピュータ「SX-9」が、ベンチマークテスト「HPC Challenge」の28項目中19項目で、世界最高速を達成したと発表した。

東北大の「SX-9」がHPC Challengeで世界最速達成 - ITmedia News 2008年11月12日 18時33分 更新

ちょっと古いニュースですが・・・.

★関連リンク
カタログダウンロードPDFアイコン

back number icon

POWER6
---消費電力の関係でCPUのクロック競争は頭打ちになり,今後はマルチコアの方向に進むと思っていましたが,4.7GHzはすごいですね.・・・・・


Tesla C870 GPU
---GPUが得意としている並列処理を駆使して,画像処理ではなく浮動小数点演算を行うPCI Express x16ボードです.・・・・・


Cray-1はたった160MFLOPSだった
---「GRAPE-DRプロジェクト」の記事を読んで,Pはどう読むのか調べてみました.・・・・・


宇宙天気予報
---早速NiCTへ行ってみました.宇宙から見た地磁気の様子をリアルタイムで公開しているのは素晴らしい!
・・・・・

|

« ホームズ彗星 | トップページ | 一太郎にバッファオーバーフローの脆弱性 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/16873191

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最速のNEC SX-9:

« ホームズ彗星 | トップページ | 一太郎にバッファオーバーフローの脆弱性 »