« シート状のプラズマディスプレイ | トップページ | 改札機の起動停止騒ぎ »

2007.10.08

真空に近い宇宙空間にも重元素

私たちは日本のすざく衛星を用い、銀河の集団(銀河団)から500万光年も離れた、ほとんど何もない真空に近い宇宙空間の希薄なガスを観測し、そこにも重元素が広く存在していることを世界ではじめて明らかにしました。これはこれまでの予想以上に重元素が宇宙全体に広がっており、また、それだけ広がるためには、137億年といわれる宇宙の歴史の比較的初期である、約100億年前という大昔に銀河から宇宙空間に重元素が放出されたことを示しています。
(すざく衛星100億年前の宇宙の大規模重元素汚染の証拠をつかむ(大阪大学 藤田 裕 准教授 他))

星間物質というと星間ガスの事だと思っていましたが,宇宙塵という重い元素もある事を知りました.
それが銀河から遠く離れた宇宙空間まで広がっている事がわかったという点が今回の発見なんですね.

化学的組成は、珪素(珪酸塩)や炭素グラファイトが多く、他に鉄やマグネシウムなどの重元素も存在する.
(宇宙塵 - Wikipedia)

今回Wikipediaを検索して一番驚いたのは「星間分子リスト」です.
これだけ高分子の星間物質があったらエイリアンがいてもおかしくないと思いました.

|

« シート状のプラズマディスプレイ | トップページ | 改札機の起動停止騒ぎ »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

Yamadaです,こんにちは.

定量的にあきらかになってくるとダーク・マター(暗黒物質)の研究に拍車がかかるかもしれませんね.

投稿: Yamada | 2007.10.10 09:14

Yamadaさん こんにちは.
ダークマターは3D地図をNASAが公開していましたが,正体が何なのかについてはほとんど進歩していませんね.

投稿: TAMO | 2007.10.10 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/16704343

この記事へのトラックバック一覧です: 真空に近い宇宙空間にも重元素:

« シート状のプラズマディスプレイ | トップページ | 改札機の起動停止騒ぎ »