« 地下鉄や地下街はどうなる? | トップページ | 世界最速のNEC SX-9 »

2007.10.25

ホームズ彗星

ホームズ彗星(17P/Holmes)が大アウトバーストを起こしました。10月24日~25日には約3等級の明るさとなり、肉眼でも見えるようになりました。ただし、彗星に尾は見られず、肉眼では恒星状です。望遠鏡で拡大すると、黄色っぽく輝くほぼ丸いコマが見られました。 (国立天文台:ホームズ彗星の大増光)

太陽から遠ざかっているホームズ彗星が急に明るくなって肉眼でも見えるようになったというニュースです.

倍率8倍の双眼鏡は持っていますが,尾がないというので素人の私にはどの星か特定できそうもありません.

1990年晩期に起こったハレー彗星の急増光は、シアン化水素(HCN)が連鎖反応を起こし、黒い色の連鎖分子になる際、多量の熱がでることが原因とする説が出されている。(YSC's Astronomical Newsletter)

彗星の核の主成分は氷という事ですので,宇宙空間では水はありふれた物質のような気がします.

★関連リンク
ホームズ周期彗星

約40万倍も明るくなったホームズ彗星の詳細な観測

超高感度カメラがとらえたホームズ彗星

|

« 地下鉄や地下街はどうなる? | トップページ | 世界最速のNEC SX-9 »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

8*21 の双眼鏡で先ほど確認できました。比較的わかりやすいので、ぜひお試しください。(周囲の明かりの環境にもよるでしょうけれど)

投稿: ムムリク | 2007.11.02 20:56

ムムリクさん こんにちは.
写真拝見しました.
早速夜空を眺めてみましたが,今夜は曇りでダメそうですね.

投稿: TAMO | 2007.11.02 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/16870810

この記事へのトラックバック一覧です: ホームズ彗星:

« 地下鉄や地下街はどうなる? | トップページ | 世界最速のNEC SX-9 »