« 恐れていた事が現実に 橋が崩落 | トップページ | マイコプラズマの滑走 »

2007.11.19

ミシュランガイド東京 2008

美食のバイブル「ミシュランガイド東京 2008」の内容が19日、発表された。150軒のレストランに計191もの星が付き、東京は世界で最も多くの星が輝く美食の街と認められた。 レストランを1ツ星~3ツ星で格付けすることで知られるミシュランガイドは1900年にフランスで初めて発行された。ヨーロッパ20か国と米国で刊行されており、日本は22番目の対象国。東京版は3ツ星が8軒、2ツ星が25軒、1ツ星が117軒の計150軒。(読売:「ミシュランガイド東京 2008」、3ツ星は8軒2007年11月19日 )

東京の食のレベルが高い事が証明されました.

昔はミシュランガイドミシュランタイヤは別の会社だと思っていました.
料理の評価は個人の好みで大きく変わるので,あまり参考にならないと思っています.

ガイド編集の総責任者のジャン・リュック・ナレさんは「掲載されたすべての店に星がついたのは世界初。調査をするうちに、東京にはすばらしい店がたくさんあることが分かり、しかるべき結果となった。東京は、世界一の美食の町だった。特に日本料理には敬意を評し、6割選んだ。すばらしいセレクションができたと思う」と話した。(asahi.com:三つ星レストランは8軒、ミシュランガイド東京版発表2007年11月19日 )

リストPDFアイコンを眺めてみましたが,私には縁のない世界のようです.ミシュランタイヤは一度も使用したことがありません.

2007/11/20追記:

この晩、明らかになったガイドは、従来の絵文字を主体にした万国共通の路線から大きく踏み出した内容。料理の写真、室内の雰囲気、交通機関を示す地図が掲載され、外国からの初めての訪問客も意識している。解説はお勧め料理から、食材の仕入れ経路、興味をひく歴史、ワインリストまでバランスよく紹介している。グルメガイド慣れした日本人にも読み応えがあり、外国人観光客にもイメージが伝わりやすい。(読売:世界の3ツ星シェフが集結、ミシュラン東京のパーティー 2007年11月20日)

ガイドの体裁も日本風にしたようです.

拡大地図を表示(☆☆☆と☆☆)

2008/11/22追記:
2009年版が昨日発売されました.
上記地図の☆☆☆についてはUPDATEしましたが,☆☆はまだ修正途中です.
地図に書き込んだ情報は,プレスリリースやレストランのホームページ等WEB上に公開されている情報を見て編集しましたので,ひょっとしたら間違っている情報が含まれている可能性があります.

★関連リンク
ミシュランガイド東京 | MICHELIN GUIDE TOKYO


Michelin guide東京(2009)

|

« 恐れていた事が現実に 橋が崩落 | トップページ | マイコプラズマの滑走 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/17121695

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュランガイド東京 2008:

« 恐れていた事が現実に 橋が崩落 | トップページ | マイコプラズマの滑走 »