« かぐやから見た月の裏側 | トップページ | SF映画が現実になった »

2007.11.08

シートベルトは自分の為

改正道交法で、来年六月までに着用が義務づけられる自動車後部座席のシートベルトの着用率が現在、一般道路で8・8%(前年比1・3ポイント増)、高速道路で13・5%(同0・8ポイント増)にとどまっていることが八日、警察庁と日本自動車連盟(JAF)の全国調査で分かった。 (北海道新聞:シートベルト着用率 後部座席道内8・3%高速は12・9% 全国平均やや下回る 11/08 13:38)

高速道路で車がパンク等でスピンした場合,シートベルをしていない後部座席の人は後部ガラスを突き破って車外にものずごい勢いで放り出される事があるのを知らないのでしょうか.

タクシーに乗った時に,シートベルトの取り締まりを逃れる為にあたかもシートベルトをしているようにして,実ははずしているという光景を時々見かけます.

シートベルトをするのは自分の命を守る為だという事を自覚しましょう.

★関連リンク
後席シートベルトの着用効果を見るための前面衝突実験

2007/11/18追記:
SHINOblog: シートベルト
---車を運転するとき、シートベルトをしてますか?
助手席の人にもシートベルトをさせてますか?では、後部座席は?・・・・・

|

« かぐやから見た月の裏側 | トップページ | SF映画が現実になった »

「ニュース」カテゴリの記事

「交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/17014143

この記事へのトラックバック一覧です: シートベルトは自分の為:

« かぐやから見た月の裏側 | トップページ | SF映画が現実になった »