« マイコプラズマの滑走 | トップページ | BSEの国内感染源は「代用乳」? »

2007.11.21

再生治療まであとわずか

人の皮膚細胞などに複数の遺伝子を組み込み、各種の組織のもとになる万能細胞(人工多能性幹細胞=iPS細胞)をつくることに、京都大・再生医科学研究所の山中伸弥教授らが成功した。21日、米科学誌セル(電子版)に発表する。米ウィスコンシン大も同日、米科学誌サイエンス(電子版)に同様の成果を発表する。人間の体細胞から万能細胞ができたことで、臓器や組織を補う再生医療が現実味を帯びてきた。(asahi.com:人間の皮膚から万能細胞 京大教授ら、再生医療へ前進2007年11月20日23時40分 )

ES細胞を使わないで,いろいろな臓器に変身するiPS細胞を作り出したことで,ダメージを受けた臓器を自分の皮膚細胞を培養して代わりの臓器を作るというSF映画のような研究が発表されました.

山中教授の研究室HPに行くと素人にも分かりやすい説明がありました.

ようこそ山中研へ:体細胞からの多能性幹細胞誘導
(iPS細胞: induced pluripotent stem cell)

しかしまだ課題も残っているようです.

しかし、課題も少なくない。一つは、今回の実験では遺伝子を組み込む際に、発がんの恐れがある「レトロウイルス」を利用している点だ。また、組み込んだ四つの遺伝子には、がん遺伝子の「c―Myc」も含まれる。iPS細胞から作った細胞が移植後に目的以外の細胞に変化しない技術の開発も不可欠だ。(読売:[解説]万能細胞 再生医療に革新的成果 課題解決も「時間の問題」2007年11月21日 )

この画期的なニュースにブッシュ大統領も歓迎のコメントを発表しました.

【ワシントン=山本秀也】京都大など日米の研究チームがヒトの皮膚細胞を使って「万能細胞」を作り出したことで、米ホワイトハウスは20日、「ブッシュ大統領は重要な進展を非常に歓迎している」との支持声明を発表した。 ブッシュ政権は、受精卵を使って作った胚性幹細胞ES細胞)研究法案に対し、「受精卵は生命の始まり」という立場から、拒否権を2度行使しており、今回の成果は再生医療の実現に向けた米国の研究促進に扉を開いた形だ。(米大統領、万能細胞研究に支持を表明 - MSN産経ニュース)

2007/11/21追記:

京都大学の山中伸弥教授[山中氏に関しては、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の教授になるという8月16日付けのプレスリリースがある]と、ウィスコンシン大学のJunying Yu氏がそれぞれ率いる研究チームは、4種類の新しい遺伝子を、ウイルスを使って皮膚細胞に組み込んだ。この操作によって再プログラム化された細胞は、人体のほとんどすべての種類の細胞に変化できる性質を持つようになった。これはES細胞と同様の性質で、将来は変性疾患の治療、新しい臓器の培養、手足の代替にまで利用される可能性がある。(日米の研究チーム、ヒトの皮膚から万能細胞の培養に成功 | WIRED VISION)

アメリカで研究を続けるようですね.

2007/11/23追記:

文科省の計画は、今後5年間に70億円を投入し、〈1〉ヒトiPS細胞などの万能細胞の大量培養法の開発〈2〉サルなどの動物を使った再生医療研究〈3〉研究用ヒトiPS細胞バンクの整備――などを重点的に進める。(読売:新型「万能細胞」国が支援、実用化へ5年で70億円投入 2007年11月23日12時44分)

 間に合うとよいのですが・・・

 2007/11/27追記:

【ベルリン26日共同】ドイツ南部ハイデルベルクに本拠を置くドイツがん研究センター(DKFZ)は26日、人の皮膚からさまざまな臓器や器官を形成する「万能細胞」を世界で初めてつくることに成功した京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授に、がん研究で成果を挙げた人物に与える「マイエンブルク賞」を授与することを明らかにした。(東京新聞:万能細胞の山中氏に賞授与 独のがん研究センター 2007年11月27日 00時32分)

海外の方が素早い反応をしますね.

2007/12/01追記:

人間の皮膚細胞からさまざまな臓器や組織に成長する能力を秘めた「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」をつくった京都大の山中伸弥教授(幹細胞生物学)らの研究グループが、課題とされたがん遺伝子を使わずにiPS細胞をつくることに人間とマウスで成功した。このiPS細胞は、がん化しにくいことも確認。臨床応用に向け、さらに一歩踏み出した。(がん細胞使わず皮膚から万能細胞、京大グループが成功 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

あとはレトロウィルスですね.

|

« マイコプラズマの滑走 | トップページ | BSEの国内感染源は「代用乳」? »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/17137178

この記事へのトラックバック一覧です: 再生治療まであとわずか:

« マイコプラズマの滑走 | トップページ | BSEの国内感染源は「代用乳」? »