« ブラックホールからの宇宙線 | トップページ | AMD FireStream 9170 »

2007.11.11

陽子よりも重い中間子を発見

発表の骨子
高エネルギー加速器研究機構のKEK Bファクトリーを用いた実験では、電荷を持った新しい中間子を発見した。この新粒子は、従来から知られている1個のクォークと1個の反クォークでできた中間子の描像にあてはまらないものであり、この発見により、量子色力学が引き起こす現象の理解がより一層進展することが期待される。(KEK:プレス(Belle新種の中間子発見))

新聞のニュースで知ったのですが,説明図がないのでイメージが掴めませんでした.
上記リンク先には説明図があります.

★関連リンク
中性子
陽子

|

« ブラックホールからの宇宙線 | トップページ | AMD FireStream 9170 »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/17037726

この記事へのトラックバック一覧です: 陽子よりも重い中間子を発見:

« ブラックホールからの宇宙線 | トップページ | AMD FireStream 9170 »