« シートベルトは自分の為 | トップページ | FAXの宛先確認は慎重に »

2007.11.09

SF映画が現実になった

最大6時間も走り続ける「スーパーマウス」を遺伝子組み換え技術で作った、と米オハイオ州のケース・ウエスタン・リザーブ大学が発表した。エネルギー代謝に関係する酵素が活性化しているため、運動の際に筋肉にたまる乳酸が非常に少なく、激しい運動に耐えられるという。(asahi.com:遺伝子組み換えで「スーパーマウス」が誕生 米大学 )

遺伝子組み換え技術を使い,スーパーマンならぬスーパーマウスが誕生したというニュースです.

You Tubeで動画を見つけました.



Mighty Mouse - Genetically Modified Mice


バイオモンスターの誕生です.


そのうち どこかの大学の研究室からバイオモンスターが逃げ出したというニュースが流れるのも時間の問題のような気がします.

|

« シートベルトは自分の為 | トップページ | FAXの宛先確認は慎重に »

ニュース」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SF映画が現実になった:

« シートベルトは自分の為 | トップページ | FAXの宛先確認は慎重に »