« 門前払い | トップページ | 陽子よりも重い中間子を発見 »

2007.11.10

ブラックホールからの宇宙線

【ワシントン和田浩明】地球に到達する極めてエネルギーの高い「最高エネルギー宇宙線」の飛来源が、地球から約1100万~2億5000万光年離れた「活動銀河」の中心にあるブラックホールである可能性が高いことが、国際研究チームの観測で明らかになった。観測結果が9日付の米科学誌サイエンスに掲載された。(宇宙:最高エネルギー宇宙線の飛来源はブラックホール - 毎日jp(毎日新聞))

以前からNGC5128はX線やγ線を出す銀河として知られていました.

★関連リンク
Auger観測所が100年の謎解明の糸口を発見:最高エネルギー宇宙線は巨大ブラックホール周辺で発生していた

2007/11/11追記:
AGN5128はNGC5128の間違いでしたので修正しました.

|

« 門前払い | トップページ | 陽子よりも重い中間子を発見 »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/17033887

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックホールからの宇宙線:

« 門前払い | トップページ | 陽子よりも重い中間子を発見 »