« DoCoMoとGoogleが提携する | トップページ | 新幹線で無線LAN »

2008.01.25

マイコプラズマジェニタリウムのゲノム合成

【ワシントン24日共同=戸部大】細菌のゲノム(全遺伝情報)を化学的に合成することに成功したと、米国のクレイグ・ベンター博士が率いる民間チームが、米科学誌サイエンス(電子版)に二十四日発表した。ベンター博士は、ヒトゲノム解読で国際共同チームと競り合ったことで有名な研究者。(中国新聞ニュース:細菌ゲノムの合成に成功 米「人工生命」作製へ前進)

最近 「マイコプラズマ」に関するニュースが連続していますね.

NEDO海外レポート BIWEEKLY896pdfアイコン

2 人の著名な科学者J Craig Venter 博士(人ゲノム研究の先駆者)とHamilton Smith 博士(ノーベル賞受賞学者)が、新たな生命体を作り出す計画を発表。DOE から3 年間で3 百万ドルの予算を受け、「マイコプラズマジェニタリウム(Mycoplasma genitalium)」という単細胞の微生物から遺伝子を排除し、部分的に人工的な有機細胞体を作成しようというもの。(The Washington Post,)

という記述があります.2003年から研究をスタートしたようです.上記DOEはDepertment Of EnargyなのかDepartment Of Educationの事かよくわかりませんが,どうもエネルギー省の方のようです.
J Craig Venter 博士が設立したNPOのJ. Craig Venter Institute (JCVI) は上記pdf文書の分類では金融機関になっていました.

ゲノム学の先駆者であるJ. Craig Venter博士が、Celera Genomics社を辞任し、非営利組織のJ. Craig Venter財団を創設。水素発生微生物の創造;遺伝学政策研究所の創設;高速DNA配列解析研究所の設立という3つの計画が焦点。(NEDO ワシントン:デイリーレポート2002年11月前半)

水素発生微生物でDOEと関係があるのですね.

このニュースも21世紀を実感させるニュースだと思います.

★関連リンク

ROCKVILLE, MD—January 24, 2008—A team of 17 researchers at the J. Craig Venter Institute (JCVI) has created the largest man-made DNA structure by synthesizing and assembling the 582,970 base pair genome of a bacterium, Mycoplasma genitalium JCVI-1.0. This work, published online today in the journal Science by Dan Gibson, Ph.D., et al, is the second of three key steps toward the team’s goal of creating a fully synthetic organism. In the next step, which is ongoing at the JCVI, the team will attempt to create a living bacterial cell based entirely on the synthetically made genome.

JCVI: Venter Institute Scientists Create First Synthetic Bacterial Genome

back number icon

マイコプラズマの滑走
---このニュースの記事だけでは写真もないので,内容が理解できません.・・・

|

« DoCoMoとGoogleが提携する | トップページ | 新幹線で無線LAN »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/17827066

この記事へのトラックバック一覧です: マイコプラズマジェニタリウムのゲノム合成:

« DoCoMoとGoogleが提携する | トップページ | 新幹線で無線LAN »