« へたり牛 | トップページ | けしの実 »

2008.02.01

農薬テロ?

有機リン系薬物が混入していた中国製ギョーザによる薬物中毒事件で、兵庫県高砂市の一家が食べたギョーザのポリプロピレン製パッケージの側面に小さな穴が開いていたことが兵庫県警の調べで分かった。  調べでは、穴は側面の中央部分に開いており、左右約3ミリ、上下約1ミリで、裂けたようだった。パッケージ内のトレーにも直径約1ミリの穴があった。外側から人為的に棒で突き刺したような形跡だという。1月31日夜に県警科学捜査研究所で再調査して判明したという。 (asahi.com:ギョーザ袋に穴、外から突き刺した跡か 兵庫の中毒2008年02月01日13時28分 )

1件だけではよく分かりませんが,同じ袋でも最初に食べた時は平気だったというTVの報道を含めて考えると農薬テロのような気がします.

もしそうだとしたら,ギョウザだけの問題ではなくなります.この問題はどんどん広がっていきそうですね.

2008/02/04追記:

中国製冷凍ギョーザによる薬物中毒事件で、兵庫県警は3日、輸入仲介商社「双日食料」(東京都港区)から提出を受けた、同種商品の未開封の6袋を調べたところ、いずれもパッケージの表面から有機リン系農薬成分「メタミドホス」が検出されたと発表した。うち1袋のパッケージの裏と表には穴(直径約1ミリ)が開いていた。(asahi.com:薬物検出、新たに6袋 外側から1袋に穴 ギョーザ事件2008年02月03日22時25分 )

農薬テロ?」と?をつけましたが,だんだん?が不要なかんじになってきましたね.穴が故意かどうかはまだわかっていませんが,現在日中両国が調査していますので,結論を待ちたいと思います.

中国製冷凍ギョーザによる中毒問題で、大阪府枚方市のスーパーから回収され、袋から有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出された製品には、日本国内の流通過程で殺虫剤が付着する機会が極めて少ないことが卸業者らの証言でわかった。通常、中国の工場で密封された段ボール箱が開かれるのはスーパー納入後とされ、警察当局では、メタミドホスの混入・付着は大阪港陸揚げ前だった可能性が高いとみて経緯を調べるほか、枚方市のスーパーで同時に売られた製品の回収・特定も急ぐ方針だ。(ギョーザ中毒、殺虫剤は大阪港陸揚げ前に付着か : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2008年2月4日 )

だんだん分かってきましたね.

|

« へたり牛 | トップページ | けしの実 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/17918888

この記事へのトラックバック一覧です: 農薬テロ?:

« へたり牛 | トップページ | けしの実 »