« 聖火リレー | トップページ | 雉(きじ)の写真 »

2008.04.24

危険部位が吉野家で発見されました

同省によると、牛丼大手「吉野家」が昨年8月、同工場から伊藤忠商事を通じて輸入したバラ肉700箱(17トン)のうち1箱に、脊柱部分を含む骨付き肉(27キロ)が混入していた。21日夜、吉野屋で保管されていた肉を、同社が検品した際に発見。翌日、伊藤忠を通じて同省などに報告した。(吉野家向け輸入牛肉に危険部位混入 - MSN産経ニュース)

予想通りのニュースですね.問題は昨年8月に輸入されていた問題の牛肉が今頃発見されたことです.

大手スーパーのダイエーは23日、米国産牛肉から特定危険部位が見つかったことを受け、問題の牛肉を出荷したナショナルビーフ社カリフォルニア工場から輸入した牛肉の販売を、24日から中止すると発表した。(24日から牛肉販売中止 ダイエーが問題工場調達分 - MSN産経ニュース)

ダイエーも問題工場からの牛肉の販売を中止しましたが,

米国から対日輸出された牛肉に、衛生証明書に記載のない牛肉(ショートロイン)が含まれていた旨の連絡が輸入業者よりありました。このため、当該施設からの輸入手続を一時停止し、米国農務省に対して詳細な調査結果を報告するよう要請しました。(農林水産省/米国産牛肉(ショートロイン)の混載事例について)

農水省の概要には,危険部位が含まれていたことが書かれていません.

3   4月23日、関係自治体の調査においては、当該牛肉(1箱)はせき柱を含むものであったが、それ以外の貨物には特段の問題は確認されなかったとの結果の報告があり、また、在京米国大使館からは、日本向けでないものであり、詳細については、調査中であるとの報告がありました。(農林水産省/米国産牛肉(ショートロイン)の混載事例について)

本文には書かれていますが,吉野家の文字はありません.

農水省は業者の利益が消費者の利益よりも大事なのでしょう.

|

« 聖火リレー | トップページ | 雉(きじ)の写真 »

「ニュース」カテゴリの記事

「BSE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/40976668

この記事へのトラックバック一覧です: 危険部位が吉野家で発見されました:

« 聖火リレー | トップページ | 雉(きじ)の写真 »