« BSEの早期発見 | トップページ | 渡良瀬橋 »

2008.09.25

埼玉県の断層

9月は防災月間です.地元の防災会より「埼玉県地震被害想定調査結果及び坂戸市被害予測について」という資料が各戸に配られました.そのネタ元である埼玉県のホームページからまとめの部分の一部を引用すると

○東京湾北部地震(M7.3) 
・県南東部を中心に、広範囲で揺れ、液状化による被害が大きい。
・人口の集中する地域が被害の中心となるため、5つの想定地震の中では、ほとんどの被害項目において、最も被害が大きくなる。
・冬18時・風速8m/sのケースでは、火災の死者が建物倒壊の死者を上回る。

○ 茨城県南部地震(M7.3) 
・県東部を中心に広範囲で、液状化による被害が大きい。
・5つの想定地震の中では、東京湾北部地震に次いで、断水人口・避難者が多い。

○ 立川断層帯による地震(M7.4)
・県南部の断層近傍で、被害が集中して発生する。
・東京都内でも被害が大きく、活断層の地震の中では、帰宅困難者が最も多い。

○ 深谷断層による地震(M7.5)
・5つの想定地震の中では唯一、県内の最大震度が7となる。
・県北部の長さ40kmの断層に沿って広範囲で揺れによる被害が大きい。
・県北部は古い木造建物の割合が多い地域であり、かつ揺れが大きいため、5つの想定地震の中では、揺れによる全壊建物、建物倒壊による死者が最も多い。

○ 綾瀬川断層による地震(M6.9)
・県中部の断層近傍で、被害が集中して発生する。
・5つの想定地震の中では、地震の規模が最も小さく、被害が相対的に少ない。

(埼玉県ホームページ:埼玉県地震被害想定調査

となります.

想定地震断層位置図に坂戸市の部分を水色に塗って,私の家を追加したものが↓です.(クリックで拡大表示)

Jishin0809

私の家が,綾瀬川断層の想定震源(★印)のすぐ近くにあることがわかると思います.

綾瀬川断層は,他の断層に比べると規模が小さいので,警戒しなければならないのは,深谷断層です.

1週間分の飲料水と非常食を確保していますが,チェックしたら,一部消費期限を過ぎているものがありました.最近キャンプに行く回数が減ったので,期限内に消費できていません.

2011/04/20追記:
東日本大震災の教訓として,大規模災害の場合,支援はすぐにはこないことがわかりました.今後は2週間分非常食を確保しておくことにしました.といってもミネラルウォーターがまだ出回っていませんが・・・.

★関連リンク(追記)

blog: 立川断層帯

|

« BSEの早期発見 | トップページ | 渡良瀬橋 »

「環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/42588453

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県の断層:

« BSEの早期発見 | トップページ | 渡良瀬橋 »