« リアル案山子2 | トップページ | 米で遺伝性のBSE牛 »

2008.09.10

勝てないと思います

中部電力は9日、06年に発電用タービンの損傷事故で停止した浜岡原発5号機(静岡県御前崎市)を巡る問題で、タービンを設計・製造した日立製作所を相手取り、原発停止中に割高な火力発電を代替運転することで生じた「逸失利益」の支払いを求める損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こす方針を固めた。電力会社が発電トラブルで重電メーカーに法的措置を取るのは初めて。
(asahi.com:中部電力、日立を提訴へ 原発タービン損傷で数百億円)

こんな訴訟を認めていたら,きりがありません.

日立製作所が,中部電力に損害を与えることを目的として,故意に設計を間違えたのならともかく,結果として瑕疵(かし)のあるタービンを納入してしまっただけなのに二次的損害まで請求することは,間違っていると思います.事故の大小こそありますが,このようなトラブルはこれまでもたくさんあったはずです.

もしこのような請求が認められるようになってしまったら,メーカーは,対抗手段として,高額な保険に入らなければ,安心して製品を納入できなくなります.

その高額な保険料を最終的に誰が負担するのかというと購入する側になることはいうまでもありません.

結局何もなければ,高い買い物をすることになるわけです.

中部電と日立の調査で事故原因は設計不良による金属疲労と特定され、同年10月には、日立がタービンの復旧にかかる直接的な費用(金額は非公表)を負担することで合意した。
(asahi.com:中部電力、日立を提訴へ 原発タービン損傷で数百億円)

普通はこれで終わりです.

交通事故による渋滞の為に,大事な商談に遅れて,契約できなくなって,大きな損害を被っても交通事故を起こした人にその損害を請求できないのと同じです.

中部電は「損失の規模があまりにも大きく、株主に対する説明責任が果たせない」(幹部)と判断し、提訴に踏み切ることにした.
(asahi.com:中部電力、日立を提訴へ 原発タービン損傷で数百億円

勝てそうにない訴訟を起こす方が,株主に対する説明責任が果たせないのではないかと私は思います.

|

« リアル案山子2 | トップページ | 米で遺伝性のBSE牛 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/42438952

この記事へのトラックバック一覧です: 勝てないと思います:

« リアル案山子2 | トップページ | 米で遺伝性のBSE牛 »