« 静電気に強い指紋センサ | トップページ | サクマ式ドロップスとサクマドロップス »

2009.03.26

歴史を書き換える鉄器が見つかる

中近東文化センター(東京都三鷹市)が調査を続けているトルコのカマン・カレホユック遺跡で、紀元前2100~同1950年の地層から、小刀の一部と見られる鉄器1点が発見された。鉄滓(てっさい)(鉄を生産・加工する時に出るかす)と、鉄分を含んだ石も確認され、鉄づくりが行われていたことが確実になった。人工の鉄の利用は紀元前15世紀ごろに同じアナトリア半島のヒッタイト帝国で始まったとされてきた世界史の通説が書きかえられる。 (asahi.com:世界最古の鉄器、トルコで発見 ヒッタイト起源説覆す2009年3月26日3時1分)

これまでも鉄滓(てっさい)は見つかっていたようなので鉄器(小刀の一部)が見つかったことがニュースみたいです.

これまでヒッタイトが鉄器の発祥の地とは知っていましたが,ヒッタイトが何処にあるのかは知りませんでした.

大きな地図で見る

カマン・カレホユック遺跡の位置

このカマン・カレホユック遺跡は,ヒッタイトの中央に位置していて,

紀元前2000年頃、ヒッタイト人、アナトリアに侵入。

ヒッタイト - Wikipedia)

という情報もありますので,年代は遡っても鉄器を発明したのは,ヒッタイト人かもしれません.

★関連リンク

最古の鋼片の検出とその意味―ヒッタイト帝国が鉄生産に果たした役割の再検討―
赤沼 英男PDFアイコン

|

« 静電気に強い指紋センサ | トップページ | サクマ式ドロップスとサクマドロップス »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/44469712

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を書き換える鉄器が見つかる:

« 静電気に強い指紋センサ | トップページ | サクマ式ドロップスとサクマドロップス »