« quanpからQUOカード | トップページ | FDA 最終的なBSE対策を延期 »

2009.04.21

Sun MicrosystemsをOracle CorporationがGET

Oracle CorporationSun Microsystemsを1株当たり$9.50、総額で約$7.4B(74億ドル)で買収する。IBMのSun買収の目論見が失敗してわずか数週間後にこのニュースが飛び込んできた。金曜日のSunの終値が$6.69だったから、Oracleは$2.81、つまり42%の上乗せを支払うことになる。(TechCrunch:速報―Oracle、74億ドルでSunを買収へ)

UltraSPARC T2以降,SPARCに関するニュースを見かけないなと思っていたら,このニュースです.

今後CPUはIntelIBMだけになるのでしょうか?

SUNMySQLを入手した時,競合していたのが,オラクルです.

オラクルは現在の相場に42%も上乗せしてSUNを入手した意図は何なのでしょう?

両社は現在、IBMがSunを1株9.55ドルで買収する条件で話し合っていると情報筋は言う。この額は、Sunが以前に予測していた額を1ドルほど下回るという。この修正済みの価格で計算すると、Sunの評価額は約70億ドルとなり、IBMが支払う額は7億5000万ドルほど少なくなる。([WSJ] IBM、Sun買収額を減額 - ITmedia News)

このニュースによるとIBMが$9.55を提示していた訳ですから,相場なのかもしれません.

The on-again, off-again soap opera romance between Sun Microsystems and IBM is back on -- but apparently one-sided, because IBM is reportedly not interested. (Sun Tries to Win Back IBM, to No Avail - InternetNews.com)

In all the talk about the deal, Sun frequently has been portrayed as a crippled company near death -- an outcome many suggest is now inevitable, following the lost opportunity for an acquisition by IBM. (Sun Tries to Win Back IBM, to No Avail - InternetNews.com)

結局「捨てる神あれば拾う神あり」という事ですね.

最初は,オラクルMySQLが欲しくて,MySQLを入手したSUNを丸ごと買ったのかと思ったのですが,公式ページを見ても「Java and Solaris」にしか言及していません.

今後MySQLがどうなるのか気になります.

2009/05/11追記

米オラクルは2009年5月7日(現地時間)、買収した米サン・マイクロシステムズのハードウエア事業を売却するつもりはないと同社Webサイトで発表した。  同Webサイトは、ロイター通信によるラリー・エリソンCEO(最高経営責任者)に対する取材内容を掲載したもの。「オラクルはOSのSolarisや開発言語のJavaを手に入れれば、不要になったハード事業を他社に売却するのではないか」という業界関係者の憶測を払しょくした格好だ。 (ITPro:「ハード事業は売却しない」、米オラクルのエリソンCEOが明言)

人材流出を防ぐ為に,しばらくは模様見ということなのでしょう.1~2年後にどうなるかです.

|

« quanpからQUOカード | トップページ | FDA 最終的なBSE対策を延期 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/44740777

この記事へのトラックバック一覧です: Sun MicrosystemsをOracle CorporationがGET:

« quanpからQUOカード | トップページ | FDA 最終的なBSE対策を延期 »