« アームライト | トップページ | 浮川夫妻ジャストシステムを去る »

2009.11.01

ロングペッパー

ロングペッパーとタイムの写真

S&Bお届けサイトで「ロングペッパー」を購入しました.

是非買ってみようと思います.

(ヒハツはロングペッパー: blog)

近くの店で探しましたが見つからないし楽天市場でも売り切れだったのでS&B直営のサイトに発注しました.せっかく送料を払うのだからと2本にしました.ついでに最近使い切った「タイム」も買いました.

早速ロングペッパーを舐めてみましたが,黒胡椒ほど辛くなく漢方薬のような香りがします.

果実にはコショウと同じ辛味成分ピペリン(piperine)を含み、インドではカレーなどの香辛料として利用されています。また、中国では鎮痛薬止瀉薬として用います。

(ヒハツ | 2003年 | 今月の花 | 植物図鑑DB | ハーブの館|日本新薬株式会社)

漢方薬でした.

2009/11/17追記:
long pepper”には,”Indian long pepper”(ひはつ)と”Java long pepper”(ひはつもどき)があるので,S&Bに「私が購入したのはどちらですか?」と質問メールを出してみました.

S&Bロングペッパーに使用している品種はPiper Retrofractum Vahlとなっています。

予想はしていましたが,”Java long pepper”(ひはつもどき)の方でした.
上記日本新薬のサイトからの引用は「ひはつ」の事なので

沖縄では、この植物の種子を粉末にしたものを「ヒハチコ」と呼び、コショウの代用として用いられている。琉球料理には欠かせない香辛料で、特に山羊料理や豚料理の調味料として重要である。また、そばに振りかけたりする。沖縄では薬用としても使われ健胃整腸や食欲増進に用いられる。 中国では、ヒハツモドキの茎葉を生薬「山蒟(サンク)」と呼ばれ、風邪や、リウマチによる痛み、腰や膝の機能不全、筋肉萎縮、咳による呼吸困難、打撲傷や毒蛇による咬傷を治すのに用いられる。 

ヒハツモドキ | 11~20 | 植物の話あれこれ | 植物図鑑DB | ハーブの館|日本新薬株式会社

同じ漢方薬でも,こちらの説明を引用するべきだったことになります.

★関連リンク

ロングペッパー2回目

|

« アームライト | トップページ | 浮川夫妻ジャストシステムを去る »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

参考になりました!ありがとう

投稿: ひさぷ | 2010.02.25 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロングペッパー:

« アームライト | トップページ | 浮川夫妻ジャストシステムを去る »