« AM派? FM派? | トップページ | アルソミトラ・マクロカルパ »

2010.10.20

人間型ロボットがダンス

独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 野間口 有】(以下「産総研」という)知能システム研究部門【研究部門長 比留川 博久】ヒューマノイド研究グループ【研究グループ長 横井 一仁】中岡 慎一郎 研究員らは、人間型ロボットの全身動作を直接作成・編集できる統合ソフトウエア「Choreonoid(コレオノイド)」を開発した。  このソフトウエアは、ユーザーが入力した一連の人間型ロボットの動作姿勢(キーポーズ)を力学的に安定な動作へ瞬時に自動変換し、ロボットの専門知識がなくてもCGキャラクターの動作を作成する感覚で、人間型ロボットの多様な振る舞いを簡単に作成できるものである。この技術により、人間型ロボットを用いた新たなコンテンツ産業の創出が期待される。

産総研:人間型ロボットの動作を簡単に作成できる統合ソフトウエアを開発

早速人間型ロボット HRP-4C(愛称は未夢(ミーム)の動画を探してみました.

Dancing Live of HRP-4C 未夢 ダンスライブ(PV Ver)

スピード感がいまいちですが,予想以上の出来に驚きました.だんだん21世紀を実感できるようになったと感じました.

|

« AM派? FM派? | トップページ | アルソミトラ・マクロカルパ »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/49793724

この記事へのトラックバック一覧です: 人間型ロボットがダンス:

« AM派? FM派? | トップページ | アルソミトラ・マクロカルパ »