« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.27

グレード センサー&スプレー ガーデンブリーズ

トイレ用としてジョンソンの消臭スプレーを買いました.モーションセンサー付きの自動スプレーなのにこの価格!!!

インクジェットプリンターのように消耗品で稼ぐ商法ですね.すっかり気に入ったので今度は玄関用にもう1つ買おうと思います.

続きを読む "グレード センサー&スプレー ガーデンブリーズ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.17

守りたいもの

今年還暦を迎えた私にとって守りたいもの・・・それは家族しかないでしょう.

昔は仕事生きがいでした.しかし度重なる失業で精神的・経済的に大きな痛手を受けてしまいました.

今は家族の有り難さをひしひしと感じながら生きています.


常時安全セキュリティ24

ブログネタ: 【賞品付き】あなたが守りたいのは何?参加数拍手

CBギフト券2千円分 ・・・当たるといいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.11

暗視カラー撮像技術

独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 野間口 有】(以下「産総研」という)ナノシステム研究部門【研究部門長 八瀬 清志】ナノシステム計測グループ【研究グループ長 時崎 高志】永宗 靖 主任研究員は、新たな原理による暗視カラー撮像技術を開発した。  この技術は、独自に開発した高感度赤外線撮像技術と高速画像処理技術を用いることによって、暗闇でも被写体のカラー動画像をリアルタイムで撮像することができる技術である。この技術を応用することによって、視認性の高いセキュリティーカメラを提供することが可能となり、より安全な社会の実現に貢献するものと期待される。

産総研:暗視カラー撮像技術を開発

産総研で暗闇でも赤外線反射率により異なることを利用して,これまでモノクロだった赤外線画像をカラー化することに成功したというニュースです.物体の温度によって放射されている赤外線との区別をどう処理しているのか気になります.赤外線レーザー光を当てて,狭帯域のフィルターでも通しているのでしょうか?

表面の粗さによる反射率の違いも関係するはずだし・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一太郎2011創プレミアム

予約していた「一太郎2011創プレミアム」を今インストールしました.
今日は時間がないので,取りあえずインストールだけです.

続きを読む "一太郎2011創プレミアム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.07

御飯は「硬め」

小さいときに胃腸が弱かった為ほとんど毎日おかゆだった反動でおかゆがきらいになりました.
予備校に通っていた頃急性盲腸炎の手術を受けましたが,おかゆは食べたくないと我が儘を言って,トーストを砂糖水に浸して食べた記憶があります.

硬めが好きなのは御飯に限りません.カップ麺も3分も待っていません.お湯を注いだらお箸でかき混ぜて麺がほぐれたらすぐに食べ始めます.

非常食も「乾パン」ではなく北九州市の名物である「くろがね堅パン」を常備しています.

ブログネタ: ごはんは「硬め」派? 「柔らかめ」派?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液体シリコンからアモルファス・シリコン薄膜太陽電池

 本学(JAIST、学長・片山 卓也、石川県能美市)マテリアルサイエンス研究科の下田 達也 教授らの研究グループは、科学技術振興機構(JST、理事長・北澤 宏一)の課題解決型基礎研究(戦略的創造研究推進事業ERATO型研究)の一環として、液体シリコン材料の基礎物性の解明とその制御技術の研究に取り組んできましたが、その研究成果として、この度、液体シリコンから優れた半導体特性を有するアモルファス(非晶質)・シリコン薄膜の作製に世界で初めて成功しました。さらに、それを用いて、画期的な塗布プロセスにより、p-i-n型(注1)のアモルファス・シリコン薄膜太陽電池の試作を行い、高い性能を確認しました。これまで「液体からのアモルファス・シリコン太陽電池製造」は画期的な低コスト製造法として挙げられていましたが夢に過ぎませんでした。今回、研究グループでは、液体シリコンの溶質にあたるポリジヒドロシラン(ポリシラン)(注2)という中間体を徹底的に研究し、使いこなすことで、この可能性を世界で初めて示しました。  今後、シリコン薄膜のさらなる高品質化、液体シリコン(Siインク)の低コスト化などの実用化のために企業との共同研究を実施し現在の商用電力と同等のコストを可能にするコストパフォーマンスの高いシリコン太陽電池の製品化を目指していきます。

下田教授の研究グループ高性能の太陽電池の作製に成功|北陸先端科学技術大学院大学2011/02/07

画期的な成果だと思います.太陽電池はコストも大切ですが,耐候性も重要です.その点はどうなのか気になります.

続きを読む "液体シリコンからアモルファス・シリコン薄膜太陽電池"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7notes

MetaMoJiは2月3日、iPad用デジタルノートアプリ「7notes」(セブンノーツ)をApp Storeにて発売した。価格は1500円で、2月末までは発売記念キャンペーンとして900円で販売する。日本国内のiPad向けに販売を開始し、年内をめどに海外市場向け製品やアンドロイドなどの端末向けにも順次対応していく予定だ。

書けない漢字も“かな交じり”なら変換可能:MetaMoji、iPad用の手書き入力デジタルノートアプリ「7notes」 - ITmedia +D PC USER2011年02月03日 20時30分

私はiPadを持っていませんので,使うことができませんが,将来的には,アンドロイド向けも発売するようなので,その時は検討してみようと思いました.

続きを読む "7notes"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.02

使える遅刻の言い訳

使える遅刻の言い訳ですか・・・,

今考えてみました.

ガスコンロヤカンを掛けたまま家を飛び出したのに途中で気がついてあわてて火を止めに戻った.」

これなら「何で戻るんだよ!!!」とは言われないと思いますが如何でしょうか?

デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】使える遅刻の言い訳を教えて!参加数拍手

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天然ウナギの有精卵を採取

ニホンウナギの産卵地探しは、1930年代から始まった。同研究所の塚本勝巳教授らは2006年2月、グアムなどがあるマリアナ諸島の海域でふ化直後の仔(し)魚の大量採取に成功したと発表。海流などから逆算し、産卵地点をグアム島北西部の海底山「スルガ海山」付近と特定した。  さらに周辺海域を調べた結果、09年5月22日未明、マリアナ海溝近くの10キロ四方の海域で、ニホンウナギのものとみられる受精卵を発見。遺伝子解析で31個を天然卵と確認した。  ニホンウナギは水深約200メートルで産卵し、卵は1日半かけて水深約160メートル、水温約26度の海中まで上がりながらふ化することも分かった。これらの海中の塩分濃度などを詳細に調べることで、より養殖に適した環境を再現できる可能性もあるという。

時事ドットコム:ウナギ天然卵を初採集=マリアナ海溝近く、31個-養殖技術に応用も・東大など2011/02/02-01:28

09年5月22日未明ですから,ニュースカテゴリーにするのは,どうかと思いましたが,実用研究が進んだので,このタイミングで公表されたのではないかと・・・.??

続きを読む "天然ウナギの有精卵を採取"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »