« USBコネクタカバーの補修 | トップページ | 一太郎2012 承をインストール »

2012.02.08

FITSAT-1(にわか衛星)

先日母校の同窓会から届いた大学通信(CAMPUS PRESS)で福工大の小型衛星国際宇宙ステーションから放出される3衛星の1つに選ばれたことを知りました.

福工大小型衛星のミッション

①小型衛星用高速通信モジュールの実証実験

新しく開発した衛星用送信モジュールはマイクロ波を使ってこれまでの通信速度の約100倍でデータを転送し,超小型衛星に新たな高速通信の道を開きます.

②高出力ledによる可視光通信実験

衛星を「本当に光る人工の星」にして,地上から肉眼,もしくは双眼鏡程度で観察することを試みます.世界中の様々な場所で誰でも実験に参加でき,宇宙への関心を喚起できるのではと考えます.

成功すれば超小型衛星による高精細画像の転送が可能になり,超小型衛星の利用価値を飛躍的に向上させます.また衛星を光らせることにより,小中学生,一般の方にも実験に参加してもらい,宇宙への夢を広げます.

CAMPUS PRESS No.83|福岡工業大学

今度宇宙へ行く星出宇宙飛行士ミッションの1つにロボットアームを操作して小型衛星を放出することであるのは知っていましたが,その中の1つが福工大製とは思ってもみませんでした.

打ち上げ9月頃らしいのですが,これで宇宙ニュースを見る楽しみが増えました.

FITSAT-1 NIWAKA Launch

2012/07/30追記:
FITSAT-1」は「こうのとり三号機」で無事「ISS」まで運ばれました.
放出」は9/6の予定です.

2012/09/04追記:
放出」は9/11 AM0:30の予定です.

2013/07/08追記:

残念ながら7月4日にFITSAT-1は落ちてしまったと思われます。

FITSAT-1人工衛星プロジェクト

残念!!!

|

« USBコネクタカバーの補修 | トップページ | 一太郎2012 承をインストール »

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FITSAT-1(にわか衛星):

« USBコネクタカバーの補修 | トップページ | 一太郎2012 承をインストール »