« 「デビュー40周年記念コンサート at 東京国際フォーラム」 谷山浩子  | トップページ | 川越水とひかり太陽光発電所 »

2014.09.19

磁気冷凍

東北大学金属材料研究所の青木大教授の研究グループと日本カンタム・デザイン株式会社は、室温から絶対零度近くの極低温(0.1ケルビン、-273℃)ま で、世界最速で冷却できる物性測定用冷凍機(ADR、断熱消磁冷凍機)を共同で開発しました。通常の冷凍機とは異なり、磁気を用いて冷却する方法であり、 従来の50~100倍の冷却速度です。低温寒剤であるヘリウム資源の枯渇が叫ばれる中、簡便、安価に極低温を得る冷凍機として今後多くの需要が見込まれま す。また、極低温を短時間で得られることで、新奇超伝導体の物質開発、磁性材料の開発などにつながるものと期待されます。

世界最速、極低温冷凍機の開発|東北大学金属材料研究所

恥ずかしながら「磁気冷凍」や「磁気熱量効果(magnetocaloriceffect )」という言葉を初めて目にしました.「超伝導」が実用化された時も驚きましたが,「磁気」には不思議な事がいっぱい詰まっています.

|

« 「デビュー40周年記念コンサート at 東京国際フォーラム」 谷山浩子  | トップページ | 川越水とひかり太陽光発電所 »

「サイエンス」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/60340208

この記事へのトラックバック一覧です: 磁気冷凍:

« 「デビュー40周年記念コンサート at 東京国際フォーラム」 谷山浩子  | トップページ | 川越水とひかり太陽光発電所 »