« @nifty宝くじに当選 | トップページ | ステンレス・クリーン 白くまくん RAS-X28G-W »

2017.06.02

炎の位置を超音波で特定

弘前大学の研究グループは、煙が充満し視界が制限される火災現場において利用可能な、炎の位置を超音波を用いて高精度に特定する手法を開発した。日経産業新聞が報じた。
超音波には、煙は通過するが、炎にぶつかると「ゆらぎ」を生じる性質がある。つまり、炎があるかどうか目視することができない対象に向けて超音波を発し、反響を分析すれば、超音波が炎のある場所を通ったかどうかをセンシングすることができ、それを利用した、炎の位置の特定が可能であるというわけだ。

弘前大学、炎の位置を超音波で特定するシステムを開発 |  財経新聞

私が経験したことのある超音波数MHz固体液体の中を伝わる超音波なので,空気中はほとんど伝わりません.だから数10kHzと思われる空気中を伝わる超音波の事はよく知りませんが,面白いアプローチだと思います.

詳しくはこちらPdficon_small1

|

« @nifty宝くじに当選 | トップページ | ステンレス・クリーン 白くまくん RAS-X28G-W »

「超音波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3174/65361565

この記事へのトラックバック一覧です: 炎の位置を超音波で特定:

« @nifty宝くじに当選 | トップページ | ステンレス・クリーン 白くまくん RAS-X28G-W »